OAT MILK BASE あまさひかえめ すぐできる セット

¥6,680 ポイント

OAT MILK BASE あまさひかえめ すぐできる 1袋
Earth MILK マグケトル1台
ミニマドラー の3点セット

これさえあればEarth MILK生活が始められます。
送料は無料です。

 

※1袋でオーツミルク2ℓ相当
※Earth MILKマグケトルはオーツ麦の粘り気を取り除くための
 酵素がよく働く最適な温度に
ミルクを温めてくれます


<商品特徴>

材料はオーツ麦を丸ごと加熱・粉砕した粉と酵素だけ。

酵素がオーツ麦の自然な甘みを引き出してくれます。 
余計なものは一切含まず、毎日でも安心して飲んで頂けます。

作り方も簡単!
STEP1Earth MILK マグケトルに水を入れて60℃に加熱
STEP2:OAT MILK BASEを入れる
STEP3よく混ぜたら完成

<商品名>
 OAT MILK BASE あまさひかえめ すぐできる

<原材料名>
オートミール(オーストラリア産オーツ麦
酵素

<内容量>
240g (オーツミルク2L相当)
マグカップ(250ml)8杯分お楽しみいただけます。

<保存方法>
高温多湿、直射日光を避けて、保存して下さい。

<栄養成分>
マグカップ1杯分(250ml)当たり
・エネルギー122.5kcal
・たんぱく質3.75g
・脂質3.0g
・炭水化物20.25g
・食塩相当量0.005g
 この表示は推定値です。


<備考>
完成後、時間の経過とともに成分が沈殿してきますが、
混ぜていただくと元のように溶け込みます。
沈殿するのは油等の乳化剤が入っていない証拠です。

<専用ケトル仕様>

サイズ

高さ140×幅130×直径95(mm)(蓋、持ち手含む)

重量

約375g

定格電力

100V 50/60Hz

消費電力

275W

容量

350ml

加熱温度

55、60、85℃

タイマー

20、60、180分

安全装置

サーモスタット、温度ヒューズ(216℃)

内容品

本体、蓋、電源ケーブル(1020mm)

よくあるご質問

原料は何を使っていますか?

<OAT MILK BASE>
オートミール(オーツ麦)と酵素のみを使っています。ただし、オートミールは小麦を含む食品と同一ラインで製造しております。

<RICE MILK BASE>
お米と酵素のみを使っています。ただし、RICE MILK BASEは大豆を含む食品と同一ラインで製造しております。

アレルギーの心配はありませんか?

<OAT MILK BASE>
本来オーツ麦自体はグルテンフリーの商品なのですが、現在販売しております商品は「小麦と同一ラインで製造」を行っております。そのため、完全なグルテンフリー商品ではございません。

<RICE MILK BASE>
現在販売しております商品はグルテンフリーの商品です。ただし、「大豆と同一ラインで製造」を行っております。

何歳から飲めますか?乳幼児は飲めますか?

オーツミルクやライスミルクは乳幼児にも召し上がっていただける安全な食べ物ですが、母乳と比べると子どもの発育に不可欠な栄養素がいくつか欠けております。そのため母乳の代替にはなりませんので、卒乳された時期を目処にしていただけましたら幸いです。

ただ、乳幼児は想定できないアレルギーが発症する可能性がございますので、ご心配な場合は、植物性ミルクを飲み始める前に医療機関にご相談されることをお勧めしております。

届く商品の賞味期限は?

2ヶ月以上の賞味期限があるものを発送しています。

OAT MILK BASE とあまさひかえめ すぐできる の違いは?

原材料の表記は同じですが、実は使っている酵素や配合が違います。

〈OAT MILK BASE〉
オーツ麦の粘り気を抑え・甘さを引き出してくれる酵素を使用しています。

〈あまさひかえめ〉
オーツ麦の粘り気を抑えてくれる酵素を主に使用しています。通常、オーツ麦を粉砕して水に混ぜると粘り気が出てしまうのですが、酵素のチカラを利用することで美味しく召し上がっていただけるようにEarth MILKオリジナルの配合でご提供しております。

Earth MILK マグケトル がなくても飲めますか?

お客様ご自身で60度のお湯をご用意いただける場合は、Earth MILK マグケトル がなくてもミルクをお楽しみいただけます。

Earth MILK マグケトルがない場合の作り方を教えてください。

【作り方】
60度のお湯を真空断熱タンブラーなどに入れていただき、OAT MILK BASE / RICE MILK BASEを入れて30分保温ください。
※あまさひかえめ すぐできるは30分お待ちいただく必要はございません。

<ご注意点>
必ず「60度のお湯」と、「温度をキープできる容器」をご用意ください。
異なる温度でミルクを作った場合、酵素がしっかり働かないためミルクになりません。
 【高温の場合】:粉が団子状態になり、甘さも引き出されません
 【低温の場合】:ねばねばした液体となり、甘さも引き出されません

最近チェックした商品

あなたへのおすすめ商品