コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

オーツミルクとコーヒーは相性抜群!おすすめの割合とアレンジレシピを紹介
オーツミルクとは

オーツミルクとコーヒーは相性抜群!おすすめの割合とアレンジレシピを紹介

「オーツミルクはコーヒーと混ぜてもおいしく飲めるのかな?」
「おすすめの比率やレシピがあるなら知りたい」

植物性ミルクの中でもカロリーが低く、クセのない味が魅力のオーツミルク。そのまま飲んでもおいしいですが、コーヒーとブレンドすると、まろやかでありながらもビターな味わいのオーツミルクコーヒーを楽しめます。

健康的かつコーヒーと相性がよいオーツミルクを選ぶポイントは、どんなところにあるのでしょうか。

本記事では、オーツミルクコーヒーの作り方や選び方について紹介します。

オーツミルクとは

オーツミルクはオーツ麦から作られた飲み物です。

豆乳やアーモンドミルクなどと同じ植物由来のミルクであり、牛乳と比べて低カロリー・低脂質で食物繊維が豊富に含まれています。健康志向の方やダイエット目的でオーツミルクを取り入れる方も多いです。

オーツミルクの味はまろやかで、オーツ麦のほんのりとした甘さを感じられます。豆乳は独特な青臭さがありますが、オーツミルクにはクセがありません。

さまざまな飲み物や料理にも使いやすい植物性ミルクといえるでしょう。

オーツミルクが注目を集める3つの理由

オーツミルクが注目を集める理由をまとめました。

  • 食物繊維が豊富
  • 乳製品アレルギーでも安心
  • 環境に優しい

1.食物繊維が豊富

オーツミルクには水溶性食物繊維のβグルカンが含まれています。

βグルカンは腸内で善玉菌のエサとなり、お腹の調子を整える効果が期待できる食物繊維の一種です。水分を吸収してゲル状の物質になる特性を持っているため、便秘改善にもよいとされています。腸が整うことで、肌の調子もよくなるでしょう。

食物繊維は悪玉コレステロールを抑制し、動脈硬化や心臓病などのリスクを下げる効果もあるそうです。

オーツミルクを飲むことで、手軽に健康的な習慣を始められるでしょう。

2.乳製品アレルギーでも安心

オーツミルクはカゼインや乳糖が含まれていないため、乳製品アレルギーや乳糖不耐症の方にも最適です。

「牛乳を飲むとお腹を下してしまう」という方は、オーツミルクに代えることでリスクを最小限にできるでしょう。また、オーツミルクは牛乳よりもカロリーや脂質が低いため、代替するだけでダイエット効果が期待できます。

牛乳をはじめとする動物性ミルクよりもヘルシーな点は、オーツミルクならではの特徴です。

3.環境に優しい

オーツミルクは、地球環境に優しいのも特徴です。

牛乳と比べて温室効果ガスの排出量を削減でき、土地と水の消費量も抑えられます。人の健康だけでなく、地球の健康にもメリットのある植物性ミルクといえるでしょう。

最近はSDGsの観点からも注目を集めています。

オーツミルクとその他のミルクとの違い

オーツミルクと牛乳、豆乳、アーモンドミルクの栄養価の違いについてまとめました。

250mlあたり

オーツミルク

牛乳

豆乳

アーモンドミルク

エネルギー

105kcal

153kcal

110kcal

49kcal

炭水化物

20.7g

12.0g

7.8g

4.9g

糖質

17.9g

12.0g

7.3g

1.1g

食物繊維

2.8g

0g

0.5g

3.8g

タンパク質

4.1g

8.3g

9.0g

1.3g

脂質

1.7g

9.5g

5.0g

3.7g

コレステロール

0mg

30mg

0mg

0mg

出典:
・オーツミルク:食品成分データベース(オーツ麦30g換算)
・牛乳:食品成分データベース
・豆乳:食品成分データベース
・アーモンドミルク:グリコ アーモンド効果 砂糖不使用

オーツミルクは低カロリーで脂質が少なく食物繊維も豊富に含まれています。コレステロールを含まないため健康面でも優秀です。

一方、豆乳には特有の青臭さがあり、一部の方は苦手に感じることがあります。この点、オーツミルクはクセがなく、はじめて植物性ミルクを試す方にも最適です。

アーモンドミルクは甘みが少なくあっさりした味が特徴ですが、オーツミルクには素材の甘みとクリーミーな飲み口が楽しめます。

栄養面と味の両方でバランスが取れているのがオーツミルクの魅力といえるでしょう。

オーツミルクとコーヒーの組み合わせはおすすめ?

オーツミルクとコーヒーの組み合わせは、風味の向上と健康面で非常におすすめです。

前述した通り、オーツミルクは、豆乳やアーモンドミルクに比べて独特の青臭さやクセがなく、コーヒーの風味を邪魔することがありません。さらにオーツミルクの自然な甘みとクリーミーな質感は、コーヒーと相性抜群です。

実際にスターバックスをはじめ、多くのカフェがオーツミルクを使ったメニューを提供しています。

現代人に不足しがちな食物繊維を補いつつ、コーヒーの風味を引きたててくれるオーツミルクは、牛乳の代替ミルクとして非常に優秀といえるでしょう。

コーヒーと相性のいいオーツミルクの選び方

コーヒーと相性のいいオーツミルクを選ぶ際は、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 砂糖や油が含まれていないか
  • 添加物が入っていないか
  • 泡立ちがいいか

砂糖や油が含まれていないか

市販のオーツミルクの中には、砂糖や油が含まれているものもあります。これは味を調整するために含まれているのですが、カロリーが高くなってしまうデメリットもあるのです。

余計なカロリーを取りたくない方は、砂糖や油の含まれていないオーツミルクを選びましょう。

添加物が入っていないか

オーツミルクによっては、保存料や乳化剤、香料などの添加物が入っているものもあります。

砂糖や油と同じく健康を意識する方は、添加物が少ないオーツミルクを選びましょう。シンプルな原材料のオーツミルクは、何にでも合わせやすく使いやすいメリットも得られます。

泡立ちがいいか

コーヒーとミックスする際、フォームミルクにしたい方はバリスタ用のオーツミルクを選ぶとよいでしょう。スタンダードなオーツミルクは泡立ちにくいので、バリスタ専用のものをおすすめします。

ただし、バリスタ用のオーツミルクは油や油脂を含んでいる商品が多く、カロリーが高くなりやすいです。

目的や含まれている成分などを考慮して、自身に合ったオーツミルクを選ぶようにしましょう。

オーツミルクコーヒーの作り方と割合

オーツミルクとコーヒーを合わせるときは、2:1の比率がベストです。
一般的にオーツミルクは牛乳よりも味が薄いため、コーヒーを多めに入れることでバランスの整った味にできます。

オーソドックスなオーツミルクコーヒーの材料は以下の通りです。

  • オーツミルク・・・200ml
  • 普段の2倍の濃さのコーヒー(豆10gとお湯100ml でドリップしたもの)

オーツミルク200mlに対して、いつもの2倍の濃さのコーヒーをミックスします。

この基準をもとに、好みに応じて量を調整してみてください。コーヒーの種類や割合を変えて、味のバリエーションを楽しめます。

オーツミルクコーヒーのおすすめレシピ3選

オーツミルクとコーヒーの組み合わせが楽しめるレシピを3つ紹介します。

  • オーツミルクラテ
  • アイスコーヒー
  • タルゴナコーヒー

オーツミルクラテ

スタンダードなオーツミルクラテです。お好みでシナモンを入れるとアクセントになります。

【材料】(1人分)

  • オーツミルク…150ml
  • インスタントコーヒー ティースプーン…1杯
  • はちみつ…2g
  • お好みでシナモン…少々

【作り方】

  1. 小鍋にオーツミルク150mlを入れて加熱する
  2. 沸騰したら火を止めてインスタントコーヒーを入れて泡立て器で混ぜる
  3. コーヒーが溶けたらはちみつを加えて混ぜる
  4. コーヒーカップに茶漉しでこして入れ、お好みでシナモンをふりかける

アイスコーヒー

凍らせたエスプレッソにオーツミルクを注ぐことで、一味変わったアイスコーヒーが楽しめます。

【材料】(1人分)

  • エスプレッソ…100ml
  • オーツミルク…100ml

【作り方】

  1. アイスコーヒーを製氷皿に入れて凍らせる
  2. 氷の状態になったアイスコーヒーを大き目のグラスに入れる
  3. 上からオーツミルクをかける

ダルゴナコーヒー

韓国発祥のダルゴナコーヒーもオーツミルクと相性抜群です。

【材料】(1人分)

  • オーツミルク・・・200ml
A
  • インスタントコーヒー・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ1

【作り方】

  1. Aをボウルに入れ、ハンドミキサーで角が立つまで泡立てる
  2. コップにオーツミルクを注ぎ、その上に1をのせて完成

オーツミルクでコーヒーを楽しむならEarth MILKがおすすめ

「ヘルシーなオーツミルクをコーヒーと合わせたい」

そんな方におすすめなのが、Earth MILKのオーツミルクです。

ここでは、Earth MILKの魅力や2つのタイプの商品について紹介します。

  • 保存料不使用で体に優しい
  • 2種類から好みのオーツミルクが選べる
  • 定期便だと安く抑えられる

保存料不使用で体に優しい

Earth MILKのオーツミルクは、オーツ麦と酵素のみで作られています。
砂糖・油・保存料などが含まれていないので、ヘルシー志向の方にもおすすめです。

素材本来の自然な甘みとクリーミーさを感じていただけます。

低カロリーで脂質も少ないので、ダイエット目的で取り入れたい方にも安心です。

2種類から好みのオーツミルクが選べる

Earth MILKでは、好みに合わせて2種類のオーツミルクが選べるようになっています。

①OAT MILK BASE

OAT MILK BASEは、自然な甘さが魅力的なオリジナルのオーツミルクです。

OAT MILK BASEシリーズの中でも1番人気の商品で、はじめて購入する方にもおすすめです。

お湯に混ぜて5分おくことで、オーツミルクの甘さをお楽しみいただけます。Earth MILKシェイカーを利用すると簡単に作ることができるので朝食やおやつの置き換えにおすすめです。

②OAT MILK BASE オーガニック

有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用したプレミアムタイプです。

オーガニックのオーツ麦を使用しており、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃる方もおられます。オリジナルタイプ以外も試してみたいという方は、ぜひご検討ください。

Earth MILKのオーツミルクの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • Earth MILKシェイカーのCOLDの線まで水を入れる
  • OAT MILK BASE を入れてシェイクする
  • HOTの線まで沸騰したお湯を入れ軽くシェイク
  • 5分待てば完成

定期便だと安く抑えられる

Earth MILKでは、通常価格の15%オフでオーツミルクを購入できる定期便サービスも提供しています。

  • 1ヶ月、2ヶ月のコースから選択可能
  • 3点以上自由に組み合わせて購入できる
  • 最低購入回数制限なし
  • 送料無料

単品よりも安い価格で購入でき、専用のシェイカーもついてくるお得な内容になっています。

長期的にオーツミルクを取り入れたい方は、お得な定期便サービスをご利用ください。

まとめ

オーツミルクはクセがなく、自然な甘さとクリーミーさがあるため、コーヒーとの相性もいい植物性ミルクです。コーヒーとブレンドする際は、2:1の割合で作ってみてください。程よい苦味と甘みがあり、バランスのよい味を楽しめます。

オーツミルクを選ぶ際は、砂糖や油が含まれていないものを選びましょう。保存料や香料などの添加物が含まれていないかもチェックポイントです。

健康的で経済的なオーツミルクをお探しのかたは、Earth MILKをおすすめします。

オーツ麦と酵素のみで作られたヘルシーなオーツミルクで、コーヒーのアレンジレシピを楽しんでみてはいかがでしょうか。