コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

豆乳アレルギーの原因と対処法【大豆アレルギーとの違いと代替ミルクのススメ】
その他

豆乳アレルギーの原因と対処法【大豆アレルギーとの違いと代替ミルクのススメ】

「豆乳アレルギーは何が原因で引き起こされるんだろう?」
「豆乳アレルギーの対処法や代替品について知りたい」

健康的な飲み物として人気の豆乳ですが、原料である大豆はアレルギーを引き起こしやすい食品群としても知られています。

人によっては豆乳アレルギーで呼吸困難になってしまうこともあるため注意が必要です。また、近年では「大豆食品は問題ないのに、豆乳を飲んだときだけアレルギー反応が出る」といったケースも増えてきました。アレルギーの原因を見つけるには、正しい知識を身につけておく必要があるでしょう。

そこで本記事では、豆乳アレルギーの原因や対処法、代替品などを紹介します。

豆乳アレルギーの主な原因と症状

豆乳アレルギーとは、豆乳を口に入れた際に、体の免疫系が過剰に反応することで引き起こされるアレルギー反応です。

主な原因は豆乳に含まれる大豆タンパク質だと言われています。
豆乳アレルギーの場合、大豆タンパク質を体が異物と認識し、防御するために過剰な反応をしてしまいます。

豆乳アレルギーの主な症状は以下の通りです。

  • 蕁麻疹(じんましん)
  • かゆみ
  • 喉のかゆみ
  • 鼻水・鼻詰まり
  • くしゃみ
  • 腹痛
  • 下痢など

人によっては、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあるので侮れません。
症状は豆乳を口にしてから2時間以内に現れるのが一般的です。

豆乳アレルギーと大豆アレルギーの違い

そもそも大豆を食べてもアレルギー反応が起きないのに、豆乳を飲むとアレルギーが引き起こされる人もいます。これは、大豆アレルギーと豆乳アレルギーになる主な原因の違いからきていると考えられます。

大豆や豆乳のアレルギーには、主にクラス1食物アレルギーとクラス2食物アレルギーの2種類があります。両者をまとめて大豆アレルギーということも可能ですが、異なる原因を持っている点が異なるポイントです。

ここでは、クラス1食物アレルギーとクラス2食物アレルギーの違いについて解説します。

クラス1食物アレルギー

クラス1食物アレルギーは、いわゆる一般的な食物アレルギーのことで、食物が消化管から吸収された際にアレルギー症状を引き起こすものです。

口に入れたもの自体が原因になるので、大豆はもちろん、卵、牛乳、小麦、そばなど一般的な食物アレルギーが該当します。大豆自体にアレルギーがある人はクラス1食物アレルギーと判断できるでしょう。

クラス2食物アレルギー

クラス2食物アレルギーは、花粉やラテックス(天然ゴム)などのアレルギーを持っている人が、それと似た成分を持つ食べ物(主に果物や野菜)を食べたときに起こるアレルギー反応です。

主に口腔粘膜周辺でアレルギーが引き起こされ、口内のかゆみやイガイガするなどの症状が見られます。

大豆の場合、カバノキ科(シラカバ、ハンノキ)の花粉症を持っている成人(特に女性)に多いアレルギー反応で、豆乳や柔らかい豆腐など、口腔内で吸収されやすい大豆加工食品でクラス2食物アレルギーになる可能性が高いとされています。

つまり花粉症でない人は、クラス2️食物アレルギーになるリスクはありません。

豆乳に含まれる成分とカバノキ科の花粉などの成分が似ていることから、体が誤認してしまいアレルギーを引き起こします。

クラス1とクラス2では、どちらも異なる原因からアレルギーが引き起こされることを覚えておきましょう。

豆乳アレルギーの対処法

豆乳アレルギーの対処法としては、以下のようなものがあげられます。

  • 大豆製品を避けて成分表をチェックする
  • 医師の指示に従って処方された治療薬を使用する
  • 豆乳の代替品を取り入れる

大豆製品を避けて成分表をチェックする

まずは大豆製品を口にしないために、成分表をチェックするようにしましょう。

重度の豆乳アレルギーの場合、アナフィラキシーショックを起こして、血圧や意識の低下などの障害を引き起こす可能性もあります。アレルギー症状を未然に防ぐには、外食や惣菜などを購入する際、成分表を確認して豆乳や大豆が含まれていないか確認することが大切です。

アレルギー症状が出た際は、すぐに医師へ相談するようにしましょう。

医師の指示に従って処方された治療薬を使用する

豆乳アレルギーの対処法の1つとして、医師に処方された治療薬を使用する方法もあります。

アレルギー症状を軽減するために、抗ヒスタミン剤やステロイド薬などを使う選択肢もあるそうです。ただし、医師の指示なしに自己判断で薬を服用すると、健康状態が悪化する可能性もあります。

豆乳アレルギーの治療薬を試す際は、必ず医師に相談して問題ないものを少量から試すようにしましょう。

豆乳の代替品を取り入れる

健康目的で豆乳を考えていたもののアレルギーを持っている方は、その他の飲み物にかえることも可能です。

  • オーツミルク
  • ライスミルク
  • アーモンドミルク
  • 牛乳

例えば上記のような飲み物は、いずれも健康面でメリットのある飲み物です。

それぞれ含まれる栄養成分が異なるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

豆乳アレルギーの注意点

ここでは豆乳アレルギーの注意点を見ていきましょう。

  • 豆乳以外の大豆食品ではアレルギーが出ない人もいる
  • 豆乳を加熱してもアレルギー反応が弱まるとは限らない
  • 突然、豆乳アレルギーになることもある

豆乳以外の大豆食品ではアレルギーが出ない人もいる

カバノキ科花粉症の交差反応によるクラス2食物アレルギーの場合、大豆の中にあるアレルゲンタンパク質は、熱や発酵などの加工処理で活性を失いやすい特徴があります。

そのため、加工度の高い味噌、納豆、醤油などの大豆食品を口にしてもアレルギー反応が出ない人もいるのです。これはクラス2食物アレルギーの人のみに起こり得ることなので、クラス1食物アレルギーの方は大豆食品全般を避けた方がよいでしょう。

また、クラス2食物アレルギーの人であっても、大量に大豆食品を食べるとアレルギー反応が出る可能性もあります。

大豆食品を口にする際は、医師の指示に従い少量から試すようにしましょう。

豆乳を加熱してもアレルギー反応が弱まるとは限らない

一部では「豆乳を加熱するとアレルゲン性が低下する」といった情報がありますが、これはすべての豆乳アレルギーの人に当てはまるものではありません。

加熱により大豆の中のアレルゲンタンパク質の構造が変化します。そのため、アレルギー症状がでにくくなる傾向はあるものの、必ずしもアレルゲン性が低下するとは限らないのです。

自分がどのような体質なのかを確認したい場合は、信頼できる医師に相談するようにしましょう。

突然、豆乳アレルギーになることもある

今までアレルギー反応が出ていなかった人でも、突然豆乳アレルギーになる可能性があります。

これはクラス2食物アレルギーの方に当てはまるケースで、花粉症と大豆のアレルゲンタンパク質が交差反応を起こすことが関係しているそうです。例えば、花粉症になったタイミングで豆乳アレルギーになる可能性もあるでしょう。

アレルギー症状が出るタイミングは、人によってバラバラなので、体に異変を感じたときは医師に相談することが大切です。

豆乳アレルギーの人におすすめの植物性ミルク3選

豆乳アレルギーの人におすすめなのが植物性ミルクです。

ここでは、豆乳と同じくスーパーやコンビニでも購入できる植物性ミルクを3種類紹介します。

  • オーツミルク
  • ライスミルク
  • アーモンドミルク

オーツミルク

オーツミルクはオーツ麦から作られた植物性ミルクです。

水溶性食物繊維のβグルカンが含まれており、腸内環境の改善や便秘解消、悪玉コレステロール値の低下などの働きが期待できます。オーツ麦は低GI食品のため、食後の血糖値の急上昇を抑制する効果も期待できるでしょう。

クセがなくオーツ麦の自然な甘さを味わえるのが特徴です。
そのまま飲むのはもちろん、コーヒーや紅茶などとミックスしてもおいしくいただけます。

ライスミルク

ライスミルクはお米や玄米から作られた植物性ミルクです。

ヘルシーながら良質な炭水化物やオリゴ糖が摂れるので、朝食やおやつ代わりとしても最適と言えます。また、植物性ミルクの中でも低アレルゲンなので、豆乳アレルギーの方でも安心して飲めるでしょう。

サラッとした舌触りでクセがなく、お米本来の甘みが楽しめます。

アーモンドミルク

アーモンドミルクはアーモンドから作られた植物性ミルクです。

ビタミンEや抗酸化物質が含まれており、健康を意識している人にも人気があります。カロリーや脂質が低いので、ダイエット中の方にも重宝するでしょう。

その反面、甘みやクリーミー感はないので好みが分かれやすい植物性ミルクでもあります。

どの植物性ミルクもスーパーやコンビニで飲みきりサイズを購入可能です。気になる植物性ミルクを見つけた方は、少量から試してみるとよいでしょう。

豆乳アレルギーの人向けの植物性ミルクの選び方

ここでは豆乳アレルギーの人向けに、植物性ミルクの選び方について紹介します。

  • 必要な栄養成分が含まれているか
  • 添加物が少ないか
  • 味が好みか

必要な栄養成分が含まれているか

自分にとって不足しがちな栄養が含まれている植物性ミルクであれば、日々の健康維持に役立つでしょう。

例えば、オーツミルクには現代人に不足しがちな食物繊維が含まれています。ライスミルクにはオリゴ糖。アーモンドミルクにはビタミンEなど、それぞれ特徴を持っているため、事前に自分がほしい栄養成分を明確にしてから、各植物性ミルクをチェックするとよいでしょう。

添加物が少ないか

健康目的で植物性ミルクを選ぶ際は、できるだけ添加物の少ないものを選ぶのがおすすめです。

植物性ミルクの中には、保存料、安定剤、乳化剤、香料などが添加されて味が整えられているものもあります。甘みやまろやかさを出すために、油や砂糖が加えられているものもありますが、カロリーや糖質も高くなる点に注意が必要です。

ヘルシーな飲み物を探している方は、シンプルな原材料の植物性ミルクを選ぶようにしましょう。

味が好みか

健康効果を期待するなら、毎日継続して植物性ミルクを飲む必要があります。

この際、味が好みでない植物性ミルクを選んでしまうと、挫折する原因になってしまうのです。最近では、スーパーやコンビニでもさまざまな種類の植物性ミルクが手に入るようになってきました。

まずはスタンダードな植物性ミルクの味を確かめて、好みの味のものを選ぶとよいでしょう。

豆乳アレルギーの人にはEarth MILKがおすすめ

豆乳アレルギーの方は、クセがなく飲みやすいEarth MILKの植物性ミルクがおすすめです。

Earth MILKの植物性ミルクはオーツミルクとライスミルクの2種類があります。オーツミルクはオーツ麦と酵素のみ、ライスミルクはお米と酵素のみで作られているため、余計なものを体に入れたくないという方にも最適です。

粉末タイプのため、いつでもできたてを味わうことができ、開封後も常温保存できます。
飲み残しを捨てることもないので、液体タイプよりも経済的と言えるでしょう。

ここではEarth MILKの2種類の植物性ミルクについて紹介します。

OAT MILK BASE(オーツミルクベース)

Earth MILKのオーツミルクは、以下の2種類から好みのものを選べるようになっています。

OAT MILK BASE

OAT MILK BASEは、自然な甘さが魅力的なオリジナルのオーツミルクです。

OAT MILK BASEシリーズの中でも1番人気の商品で、はじめて購入する方にもおすすめです。

お湯に混ぜて5分おくことで、オーツミルクの甘さをお楽しみいただけます。Earth MILKシェイカーを利用すると簡単に作れるので、朝食やおやつの置き換えにおすすめです。

OAT MILK BASE オーガニック

OAT MILK BASE オーガニックは、有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用した有機JAS認証取得済みのプレミアムタイプです。

オーガニックのオーツ麦を使用しており、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃる方もおられます。オリジナルタイプ以外も試してみたいという方は、ぜひご検討ください。

RICE MILK BASE(ライスミルクベース)

RICE MILK BASEは、国産米の粉末と酵素のみで作られた粉末タイプのライスミルクです。

お米を飲んでいるような味わいが特徴で、クリーミーな舌触りと甘みが感じられます。

Earth MILKの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • Earth MILKシェイカーのCOLDの線まで水を入れる
  • 粉を入れて5秒間シェイクする
  • HOTの線まで沸騰したお湯を入れ、さらに軽くシェイクする
  • 5分待てば完成

LATTE BASE(ラテベース)

mega-menu-139890-lattebasex4-1661983212.jpg

LATTE BASEは、オーツミルクまたはライスミルクを手軽に味変できるパウダーです。

100mlに対して4g加えてよく混ぜるだけで完成します。

LATTE BASEは以下4つから選べます。

  • チャイパウダー
  • ほうじ茶パウダー
  • 黒豆パウダー
  • 抹茶パウダー

その日の気分に合わせて、好みの味を追加してみてください。

まとめ

豆乳アレルギーは、原材料である大豆が原因になるクラス1食物アレルギーと、花粉との交差反応によるクラス2食物アレルギーの2種類があります。

それぞれ原因が異なるので、まずは医師に相談してどのような改善方法があるのか聞いてみるとよいでしょう。豆乳アレルギーは重度の場合、呼吸困難になってしまう可能性もあるので、気軽に大豆食品を口にするのはよくありません。

豆乳の代替品としては、オーツミルクやライスミルク、アーモンドミルクなどの植物性ミルクがおすすめです。原材料の違いによって味や栄養成分が異なるため、自分に合ったものを選ぶ楽しみもあります。

シンプルな原材料でクセのない植物性ミルクをお求めの方は、Earth MILKの植物性ミルクが最適です。

いつでもできたてが味わえるEarth MILKを日々の生活に取り入れて、ヘルシーなライフスタイルを始めてみてはいかがでしょうか。