コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

豆乳がまずい理由とは?【苦手な人向けのアレンジレシピ3選と代替案】
その他

豆乳がまずい理由とは?【苦手な人向けのアレンジレシピ3選と代替案】

「豆乳は健康的と言われているから取り入れたいけど、どうしても味が苦手」
「豆乳の美味しい飲み方や、豆乳以外でヘルシーな飲み物があるなら知りたい」

大豆イソフラボンや植物性タンパク質が摂れる豆乳は、古くから人気の植物性ミルクです。

ヘルシーな食生活のサポートにも役立つ豆乳ですが、大豆特有の青臭さに抵抗を感じる人も少なくありません。また、豆乳にはいくつかの種類があるため、理解せずに豆乳を選ぶとメリットを享受できない可能性もあるのです。

そこで本記事では、豆乳がまずいと言われている理由や種類の違い、代替案としておすすめの飲み物などを紹介します。

豆乳はまずい?種類ごとの特徴解説

豆乳には主に以下3つの種類があります。

  • 無調整豆乳
  • 調整豆乳
  • 豆乳飲料

無調整豆乳

無調整豆乳は、大豆のみを原材料として作られた自然な状態の豆乳です。

大豆固形分は8%以上、大豆に含まれる栄養素がしっかり摂れるのが特徴で、3種類の豆乳のうち最も低カロリーで脂質も少なくなっています。あっさりした味わいで大豆特有の青臭さが強く、好みがわかれやすいです。

無調整豆乳は3種類の中で最もヘルシーな豆乳と言えるでしょう。

調整豆乳

調整豆乳は大豆固形分6%以上で、砂糖や油を加えて飲みやすい味に調整されているのが特徴です。

無調整豆乳と比較して甘みやコクがあり、大豆特有の青臭さも少なくなっています。その反面、カロリーや脂質が高くなりがちなデメリットがあります。調整豆乳によっては、ビタミンやミネラルなどが強化されているものもあります。

調整豆乳は無調整豆乳が苦手な人でも飲みやすいです。その反面、大豆ならではの栄養価は低めになっているので、味と栄養価のバランスを見て自分に合ったものを選びましょう。

豆乳飲料

豆乳飲料は大豆固形分2%以上で、豆乳をベースにココアや抹茶、紅茶などのフレーバーを加えたものです。

豆乳以外の味が加えられているため、大豆特有の青臭さはほとんど感じません。しかし、3種類の豆乳のうち、栄養価は最も低く、カロリーや脂質は高くなりがちです。

健康面を考えて豆乳を検討している方は、豆乳飲料は控えた方がよいでしょう。

無調整豆乳がまずいと感じる理由とは?

「豆乳はまずい」と言われる多くの理由は無調整豆乳から来ているかなと思います。

ここでは、無調整豆乳がまずいと言われる所以について見ていきましょう。

  • 大豆特有の青臭さがあるから
  • 渋味や苦味が残っているから
  • 舌触りがドロドロしているから

大豆特有の青臭さがあるから

無調整豆乳は大豆特有の青臭さが残っているため、まずいと感じる人が多いです。

特に調整豆乳に慣れている人が無調整豆乳をはじめて飲んだときは、全く別の飲み物のように感じることも珍しくありません。調整豆乳は香料や甘みが加えられている分、青臭さが目立たなくなっています。

クセが強い無調整豆乳のみ苦手という方もいるので、そもそも大豆の青臭さが不得意な人は豆乳ではなく別の飲み物を検討した方がよいでしょう。

渋味や苦味が残っているから

無調整豆乳は、大豆に含まれるタンパク質、イソフラボン、サポニンなどの成分から渋みや苦みがあり、まずいと感じる1つの理由になっています。

これらは健康面でメリットがある栄養成分ですが、味の好みが分かれやすい原因にもなっているのです。調整豆乳や豆乳飲料はこれらの成分を減らしたり、砂糖や油などで味が整えられています。

舌触りがドロドロしているから

無調整豆乳は大豆由来の粘り気があるため、飲みづらいと感じる人もいます。

天然の豆乳ならではの舌触りだが、好みが分かれやすいです。そのため、調整豆乳や豆乳飲料は乳化剤を添加して飲みやすくしているものもあります。サラッとした飲み心地が好みの方は、別の飲み物を検討した方がよいでしょう。

健康面を考えるなら無調整豆乳がおすすめ

3種類の豆乳のうち、最も飲みづらくまずいと言われやすい無調整豆乳ですが、健康面を考えると、その他の豆乳よりもメリットが多いのは確かです。

  • 3種類の豆乳のうち最も低カロリー・低脂質
  • 添加物が少ない
  • 大豆本来の栄養成分が摂れる

上記のような点から、健康目的で豆乳を考えている人は、無調整豆乳を選ぶのがおすすめです。

「無調整豆乳の味はどうしても苦手」と感じる方は、別の選択肢を検討しましょう。詳しくは後術します。

無調整豆乳がまずいと感じる人向けのアレンジレシピ

ここでは無調整豆乳が苦手な方向けにおすすめのアレンジレシピを紹介します。

  • 温めて飲む
  • スムージーに加えて飲む
  • フレーバーを加えて飲む

温めて飲む

無調整豆乳は温めて飲むことで風味がまろやかになり、渋みや苦みが和らぎます。

ただし豆乳は沸騰すると水分と固形分が分離したり、膜が張ったりなどの問題があります。また、ビタミンなどの栄養素が失われる原因にもなるので、沸騰させないように気をつけましょう。

手軽に温める方法としては、豆乳(200ml)をマグカップに移して、500wの電子レンジで1分50秒ほど温めるのがおすすめです。

スムージーに加えて飲む

無調整豆乳をスムージーに加えて飲む方法もあります。

バナナやいちご、はちみつ、ヨーグルト、シリアルなどと混ぜることで、大豆特有の青臭さが緩和されて飲みやすくなります。また、加えるものによって味や栄養を調整できるので、より高い健康効果が期待できるでしょう。

朝食としてはもちろん、おやつなどにも役立ちます。

フレーバーを加えて飲む

無調整豆乳にココアパウダーなどのフレーバーを加えて飲むのもおすすめです。

ココアにはタンパク質やカルシウムなどが含まれているので、無調整豆乳と合わせることでより健康的な飲み物になります。ココアと無調整豆乳の組み合わせが苦手な方は、ブラックコーヒーや紅茶とミックスしてみるとよいでしょう。

豆乳の1日の摂取量の目安は?

豆乳を日常的に飲む際には、1日あたりの摂取量を200mlのコップ1杯に留めることをおすすめします。なぜなら豆乳を大量に摂取すると、大豆イソフラボンの過剰摂取になるリスクがあるためです。

厚生労働省の指針によると、大豆イソフラボンの1日あたりの摂取目安上限は70〜75mgとされています。豆乳には、100g当たり約25mgのイソフラボンが含まれており、200mlを飲むことで約50mgのイソフラボンを摂取することになるのです。

そのためコップ2杯以上(400ml以上)飲むと、大豆イソフラボンの過剰摂取になる可能性があります。ただし、上限値を超えたからといって、すぐに健康への悪影響が表れるわけではありません。

あくまで毎日の摂取を前提とした目安ですが、適切な量を心がけるようにしましょう。

豆乳がまずいと感じる人にはオーツミルクがおすすめ

「どうしても豆乳の味が苦手だから、かわりになるような植物性ミルクはないだろうか?」

その場合は、栄養価が高くクセのない味わいが特徴のオーツミルクがおすすめです。
ここではオーツミルクの特徴について紹介します。

  • 大豆特有のような青臭さがない
  • 豆乳よりも低カロリー・低脂質
  • 現代人に不足しがちな食物繊維が摂れる

大豆特有のような青臭さがない

オーツミルクはオーツ麦から作られた植物性ミルクです。

オーツ麦自体にクセがないため、そもそも大豆のような青臭さを心配する必要はありません。また、オーツ麦の自然で素朴な甘みが感じられるので、砂糖を加えなくても満足感があります。

オーツミルクは非常に飲みやすいので、はじめての植物性ミルクとしてもおすすめです。

豆乳よりも低カロリー・低脂質

250mlあたり

オーツミルク

豆乳

エネルギー

105kcal

108kcal

炭水化物

20.7g

5.8g

糖質

17.9g

3.5g

食物繊維

2.8g

2.3g

タンパク質

4.1g

9.0g

脂質

1.7g

7.0g

コレステロール

0mg

0mg

出典
・オーツミルク:食品成分データベース(オーツ麦30g換算)
・豆乳:食品成分データベース

オーツミルクは豆乳よりもカロリーや脂質が低いので、ダイエット目的の人にも最適です。

砂糖や油を加えなくても飲みやすいため、無調整のオーツミルクでも継続しやすいと言えるでしょう。

現代人に不足しがちな食物繊維が摂れる

オーツ麦には水溶性食物繊維の一種であるβグルカンが含まれています。

現代人に不足しがちな食物繊維が手軽に摂れるので、貴重な栄養源と言えるでしょう。食物繊維を摂ることで、腸内環境、肌質の改善、生活習慣病の予防効果などが期待できます。

Earth MILKのオーツミルクはヘルシー志向の方に最適

「できるだけヘルシーなオーツミルクが飲みたい」という方におすすめなのがEarth MILKのオーツミルクです。

ここではEarth MILKのオーツミルクの特徴を紹介します。

  • シンプルな原材料だから毎日安心して飲める
  • 日持ちがよく経済的な粉末タイプ
  • 2種類から好みのオーツミルクが選べる
  • 定期便で手間なくお得に注文できる

シンプルな原材料だから毎日安心して飲める

Earth MILKのオーツミルクは、オーツ麦と酵素のみで作られています。

保存料・香料・乳化剤・砂糖を一切使用していないので、毎日安心して飲めるのが特徴です。シンプルな原材料で作られているため、余計なカロリーを摂りたくない方にも最適と言えるでしょう。

日持ちがよく経済的な粉末タイプ

Earth MILKのオーツミルクは、開封後も日持ちがよく常温保存ができる粉末タイプです。

粉末タイプはいつでもできたてが飲めるだけでなく、飲みきれずに捨てる心配もありません。粉末の量を変えることで、甘さや味の濃さを変えることも可能です。

常にできたてでおいしいオーツミルクを飲みたい方は、Earth MILKが最適と言えるでしょう。

2種類から好みのオーツミルクが選べる

Earth MILKでは、好みに合わせて2種類のオーツミルクが選べるようになっています。

OAT MILK BASE

OAT MILK BASEは、自然な甘さが魅力的なオリジナルのオーツミルクです。

OAT MILK BASEシリーズの中でも1番人気の商品で、はじめて購入する方にもおすすめです。

お湯に混ぜて5分おくことで、オーツミルクの甘さをお楽しみいただけます。Earth MILKシェイカーを利用すると簡単に作ることができるので朝食やおやつの置き換えにおすすめです。

OAT MILK BASE オーガニック

有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用したプレミアムタイプです。

オーガニックのオーツ麦を使用しており、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃる方もおられます。オリジナルタイプ以外も試してみたいという方は、ぜひご検討ください。

定期便で手間なくお得に注文できる

Earth MILKでは、通常価格の15%オフでオーツミルクを購入できるお得な定期便サービスもご利用いただけます。

  • 1ヶ月、2ヶ月のコースから選択可能
  • 3点以上自由に組み合わせて購入できる
  • 最低購入回数制限なし
  • 送料無料

単品よりも安い価格で購入でき、最低購入回数制限もないお得な内容になっています。

長期的にオーツミルクを取り入れたい方は、お得な定期便サービスをご利用ください。

Earth MILKのオーツミルクの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • Earth MILKシェイカーのCOLDの線まで水を入れる
  • OAT MILK BASE を入れて5秒間シェイクする
  • HOTの線まで沸騰したお湯を入れ、さらに軽くシェイクする
  • 5分待てば完成

まとめ

豆乳がまずいと感じる理由としては、大豆特有の青臭さや含まれる栄養価からくる舌触りなどがあります。

調整豆乳や豆乳飲料は味が調整されて飲みやすくなっているものの、栄養価を考えるとカロリーや脂質などが高くなりがちです。そのため、健康効果を期待する方には無調整豆乳をおすすめします。

どうしても無調整豆乳の味わいが苦手な場合は、代替案としてオーツミルクが最適です。

現代人に不足しがちな食物繊維が摂れるため、健康的な飲み物と言えます。Earth MILKのオーツミルクはオーツ麦と酵素のみで作られたヘルシーな飲み物です。

「豆乳は苦手だけど、植物性ミルクのある生活をはじめたい」と考えている方は、この機会にEarth MILKのオーツミルクを試してみてはいかがでしょうか。