コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: オーツミルクは妊娠中に飲んでも大丈夫?気になる疑問と妊婦さん向けの選び方

オーツミルクは妊娠中に飲んでも大丈夫?気になる疑問と妊婦さん向けの選び方
オーツミルクとは

オーツミルクは妊娠中に飲んでも大丈夫?気になる疑問と妊婦さん向けの選び方

「オーツミルクは妊娠中でも飲んで大丈夫なのかな?」
「健康的なオーツミルクの選び方について知りたい」

オーツミルクは食物繊維をはじめ、栄養成分がバランスよく含まれており、牛乳の代替ミルクとして人気を集めています。

結論から言うと、オーツミルクは妊娠中の方でも飲めます。ただし、市販のオーツミルクの中には添加物がたくさん入っていたり、油や砂糖などが入っていたりするものもあるので注意が必要です。

本記事では、オーツミルクの特徴や妊婦さん向けの選び方について紹介します。

オーツミルクとは

オーツミルクは、オーツ麦を原材料として作られた植物性の飲み物です。

オーツ麦のクセのない味と素朴な甘み、クリーミーな舌触りなどが楽しめます。

牛乳と比べて低カロリーで脂質も少ないため、手軽にカロリーオフできるのもメリットです。植物由来のミルクなので、乳製品アレルギーや乳糖不耐症の方でも安心して飲めます。コレステロールも含まれていません。

また、牛乳と比べて生産に必要な土地や水の使用量が少なく、温室効果ガスの排出量も削減できます。人の体だけでなく、地球環境にも優しい飲み物と言えるでしょう。

オーツミルクの栄養成分

オーツミルクの主な栄養成分について紹介します。

  • 食物繊維
  • 植物性タンパク質
  • トリプトファン

食物繊維

オーツミルクには、牛乳や豆乳に比べて食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は腸の調子を整えたり、血糖値の急上昇を抑えたりする効果が期待できます。整腸作用があることから、便秘解消や美肌にも役立つでしょう。血糖値の急上昇を防げるため、インスリンの分泌も抑えられ、体に脂肪が蓄積されるのを防止する効果も期待できます。

オーツミルクは健康的な生活を手に入れたい人にとって強い味方と言えるでしょう。

植物性タンパク質

オーツミルクには、植物性タンパク質も含まれています。

動物性タンパク質とは違いコレステロールが含まれていないため、心血管系の健康をサポートしてくれるでしょう。食物繊維も摂れるので、健康的な体を目指す方に最適な飲み物と言えます。

トリプトファン

オーツミルクにはセロトニンの原料になるトリプトファンも含まれています。

セロトニンはハッピーホルモンとも呼ばれる神経伝達物質の一種です。幸福感に影響を与えたり、睡眠サイクルを調整したりすることがわかっています。

妊娠中はストレスがかかりやすく、睡眠の質も悪くなりがちです。セロトニンを作るのに役立つトリプトファンが含まれていることは、オーツミルクを飲む一つのメリットになるでしょう。

オーツミルクは妊娠中でも飲める?

ここでは「オーツミルクは妊娠中に飲んでも大丈夫?」という疑問について詳しく解説します。

  • 栄養が添加されているものは注意が必要
  • 小麦が混入する可能性
  • かかりつけの医師に相談するのがベスト

栄養が添加されているものは注意が必要

市販のオーツミルクには、カルシウムやビタミンなどが添加されているものもあります。

一見すると栄養が強化されていてよさそうに感じますが、このようなオーツミルクにはその他にも添加物が多く含まれているケースが多いです。また、味を調整するために油や砂糖が入っているものもあります。

妊娠中は神経質になったり、不安にかられたりしやすいため、なるべく体に余計なものを入れない方がよいでしょう。

添加物は紙パックのオーツミルクに含まれていることが多いです。

スーパーやコンビニでオーツミルクを購入する際は、成分表を確認してシンプルな原材料のものを選ぶことをおすすめします。

小麦が混入する可能性

オーツミルクの原材料であるオーツ麦は、小麦と同じ生産工場で加工されるケースが多いです。そのため、ごく微量のグルテンが混ざる可能性があります。

小麦アレルギーでない人は問題ありませんが、もともとグルテンに敏感だった方はグルテンフリーと表記されたオーツミルクを選ぶと安心です。

かかりつけの医師に相談するのがベスト

心配な方は、あらかじめかかりつけの医師に相談してアドバイスしてもらうとよいでしょう。

体質やアレルギーなどは人によって異なります。特に妊娠中はホルモンバランスや代謝が変わりやすいため、体調の変化に注意しなければなりません。

ご自身の体調や気分なども考慮して、最適な選択を行うようにしましょう。

妊婦さんにおすすめのオーツミルクの選び方

妊婦さんにおすすめのオーツミルクの選び方について3つのポイントを紹介します。

  • 油が含まれていないもの
  • 添加物が少ないもの
  • オーガニックのオーツ麦を使ったもの

油が含まれていないもの

妊娠中にオーツミルクを飲む際は、油が含まれていないものを選びましょう。

市販のオーツミルクは、風味や口当たりを改善するために油を使用しています。妊娠中に油を摂りすぎてしまうと、高血糖や高血圧を招く原因になりやすいです。

また、砂糖や甘味料などの精製糖質も妊娠中の体にダメージを与える可能性があります。

健康のためにオーツミルクを取り入れたにもかかわらず、油が含まれていたら本末転倒です。オーツミルクを購入する際は、油や砂糖などが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

添加物が少ないもの

妊娠中は添加物が少ないオーツミルクを選ぶのがおすすめです。

普段の食生活から口にしている食品添加物の量は1日の許容摂取量(ADI)の概ね1%未満と言われており、妊婦や胎児を含め体に悪影響はないとされています。

ただし、人によっては「添加物の量や種類が気になる」と敏感になる妊婦さんもいるでしょう。「赤ちゃんに悪い影響が出るかも…」という不安から大きなストレスが生まれてしまう場合もあります。

そのため、心配な人はあらかじめ添加物が少ないオーツミルクを選ぶと安心です。

オーガニックのオーツ麦を使ったもの

妊娠中の方は、オーガニックのオーツ麦を使ったオーツミルクを選ぶのもよいでしょう。化学農薬を使わずに栽培されたオーツ麦であれば「残留農薬は大丈夫かな…」と心配する必要はありません。

ただし「オーガニック=添加物も少ない」というわけではない点に注意してください。

有機栽培のオーツ麦を使っていたとしても、保存料や油などを添加しているオーツミルクは少なくありません。購入する際は、必ず成分表を確認するようにしましょう。

Earth MILKのオーツミルクは安心・安全・経済的!

「妊娠中でも安心して飲めるオーツミルクはないだろうか」
「余計なものが含まれていないオーツミルクを選びたい」

その場合は、Earth MILKのオーツミルクがおすすめです。

以下でEarth MILKの特徴を詳しく解説します。

  • 原材料はオーツ麦と酵素のみ
  • 粉末タイプで飲みたい分だけ作れる
  • オーガニックタイプも選べる

原材料はオーツ麦と酵素のみ

Earth MILKのオーツミルクの原材料はオーツ麦と酵素のみです。

紙パックのオーツミルクと比較して、非常に少ない原材料になっています。保存料や乳化剤などの添加物はもちろん、油や砂糖も一切使用していません。妊娠中の方でも安心して飲めるシンプルな原材料のオーツミルクです。

粉末タイプで飲みたい分だけ作れる

Earth MILKのオーツミルクは、粉末タイプで飲みたい分だけ作れるようになっています。

いつでもできたてのオーツミルクが味わえて、作りすぎて捨ててしまう心配もありません。紙パックタイプのオーツミルクは開封後の日持ちが短く、冷蔵庫で保存する必要があります。この点、Earth MILKのオーツミルクなら、開封後も日持ちがよく常温での保存が可能です。

妊娠中はちょっとした変化にも敏感になります。紙パックのオーツミルクは冷蔵庫の匂いがついたり、中身が沈殿したりして飲みづらく感じる方もいるでしょう。

確実に毎回できたてのオーツミルクが飲めるのは、Earth MILKならではのメリットです。

オーガニックタイプも選べる

Earth MILKのオーツミルクは、以下の2種類から好みのものを選べるようになっています。

OAT MILK BASE

OAT MILK BASEは、自然な甘さが魅力的なオリジナルのオーツミルクです。

OAT MILK BASEシリーズの中でも1番人気の商品で、はじめて購入する方にもおすすめです。

お湯に混ぜて5分おくことで、オーツミルクの甘さをお楽しみいただけます。Earth MILKシェイカーを利用すると簡単に作れるので、朝食やおやつの置き換えにおすすめです。

OAT MILK BASE オーガニック

有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用したプレミアムタイプです。

オーガニックのオーツ麦を使用しており、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃる方もおられます。オリジナルタイプ以外も試してみたいという方は、ぜひご検討ください。

Earth MILKのオーツミルクの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • Earth MILKシェイカーのCOLDの線まで水を入れる
  • OAT MILK BASE を入れて5秒間シェイクする
  • HOTの線まで沸騰したお湯を入れ、さらに軽くシェイクする
  • 5分待てば完成

妊娠中の栄養補給に!オーツミルクのアレンジレシピ5選

妊娠中の方にもおすすめの栄養満点のオーツミルクレシピを5つ紹介します。

  • ヘルシーオートミール
  • オーツミルクシチュー
  • オーツミルク鍋
  • オーツミルクのきのこスープ
  • オーツミルクのポタージュ

ヘルシーオートミール

食物繊維がたっぷり摂れるヘルシーオートミールです。

【材料】(1人分)

  • オートミール・・・30g
  • オーツミルク・・・200ml
  • バナナ・・・お好きな量
  • メープルシロップ・・・小さじ1
  • シナモン・・・少々
  • 他のお好きなフルーツ

【作り方】

  1. 小鍋にオートミールとオーツミルクを入れ、火にかける
  2. 沸騰したら全体を混ぜ、弱火にして2分間煮る
  3. 火を止めて、鍋にふたをして1~2分間蒸らす
  4. フルーツをカットし、盛り付けたらメープルシロップをかけて完成

オーツミルクシチュー

寒い季節にピッタリのオーツミルクシチューです。

【材料】(2人分)

  • オーツミルク・・・400ml
  • 玉ねぎ・・・半玉
  • 人参・・・1/4
  • じゃがいも・・・2個
  • ブロッコリー・・・1/4
  • 小麦粉・・・大さじ1
  • 野菜ブイヨン・・・5g
  • 塩胡椒・・・適量
  • きのこ(お好みで)

【作り方】

  1. 全ての野菜を食べやすい大きさに切り、ブロッコリー以外の野菜をオリーブオイルで炒める
  2. 1が軽く炒まったら、小麦粉を入れて混ぜる
  3. 2にオーツミルクを具材にかぶるぐらいまで注ぎ、野菜ブイヨンも入れる
  4. 野菜が柔らかくなるまで3を煮込む(その間に別の鍋でブロッコリーを塩茹でする)
  5. 4に別茹でしたブロッコリーを入れて、塩胡椒で味付けしたら完成
    (お好みできのこを入れても◎)

オーツミルク鍋

好きな具材を入れて栄養バランスを取りやすいオーツミルク鍋です。

【材料】(2人分)

  • 水・・・140ml
  • だし汁・・・大さじ3
  • オーツミルク・・・100ml
  • お好きな鍋具材

【作り方】

  1. 鍋にだし汁と水を加えて煮る
  2. 火の通りにくい具材から順に入れて、具材に火を通す
  3. 最後にオーツミルクを入れてひと煮立ちさせたら完成
    (じゃがいもやさつまいも、かぼちゃなどの具材がよく合います)

オーツミルクのきのこスープ

免疫力アップに効果的なオーツミルクのきのこスープです。

【材料】(2人分)

  • オーツミルク・・・400ml
  • 玉ねぎ・・・半玉
  • マッシュルーム・・・4個
  • ニンニク・・・1/2片
  • 野菜ブイヨン・・・5g
  • 塩胡椒・・・適量

【作り方】

  1. マッシュルームを適当に切り、玉ねぎはスライスする
  2. 玉ねぎをニンニクと一緒にしんなりするまで炒め、マッシュルームを加える
  3. 鍋にオーツミルクと野菜ブイヨン、2を入れて軽く沸騰させる
  4. 塩胡椒で味を調えたら完成
    (白胡椒がおすすめ)

オーツミルクのポタージュ

体を心から温められるオーツミルクのポタージュです。

【材料】(2人分)

  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • じゃがいも・・・1個
  • オーツミルク・・・250ml
  • 水・・・150ml
  • 野菜ブイヨン・・・5g
  • 塩・・・適量
  • パセリ・・・適量

 

【作り方】

  1. 玉ねぎをみじん切りし、じゃがいもは一口大に切る
  2. 鍋に水を入れ、1を入れて煮る
  3. じゃがいもがやわらかくなったらオーツミルク、野菜ブイヨン、塩を入れる
  4. 3をブレンダーにかけたあと、鍋に戻し中火で温める
  5. 温まったらお皿に盛り、パセリを添えたら完成

まとめ

オーツミルクは妊娠中の方にもおすすめの植物性ミルクです。

ただし、添加物が入っていたり、油や砂糖が含まれているオーツミルクはやめておいた方がよいでしょう。妊娠中はホルモンバランスや代謝が変わりやすいため、余計なものは極力入れずに、自然の栄養を摂ることが大切です。

「安心・安全のオーツミルクを取り入れたい」という方は、Earth MILKのオーツミルクをおすすめします。

オーツ麦と酵素のみで作られたオーツミルクは、妊娠中の体にも優しいです。飲みたい分だけ作れて、いつもできたてを味わえます。クセがなく自然な甘みが感じられるので、気分転換にも最適です。

食物繊維が摂取できるオーツミルクを活用して、妊娠中の栄養バランスを整えてみてはいかがでしょうか。