コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: パウダー・粉末タイプのオーツミルクの特徴【紙パック・液体タイプとの違いとは】

パウダー・粉末タイプのオーツミルクの特徴【紙パック・液体タイプとの違いとは】
オーツミルクとは

パウダー・粉末タイプのオーツミルクの特徴【紙パック・液体タイプとの違いとは】

「オーツミルクにはパウダーみたいな粉末タイプと、紙パックに入った液体タイプがあるけど、どんな違いがあるんだろう?」

市販のオーツミルクの多くは紙パックに入った液体タイプですが、中には粉状になったタイプもいくつか販売されています。

紙パックのオーツミルクは買ってすぐに飲めますが、粉末タイプは作る手間がかかってしまうもの。にもかかわらず、なぜ粉末タイプのオーツミルクが注目を集めつつあるのでしょうか。

本記事では、パウダー・粉末タイプのオーツミルクの特徴について解説します。

オーツミルクとは

オーツミルクは、オーツ麦から作られた植物性の飲み物です。

クセがない味が特徴で、オーツ麦の素朴な甘みとクリーミーな口当たりが楽しめます。コーヒーや紅茶はもちろん、料理などのアクセントとしても使いやすいです。

カゼインや乳糖を含まないため、乳製品アレルギーや乳糖不耐症の方でも安心して飲めるのもメリット。牛乳よりも低カロリーで脂質も少ないので、オーツミルクに代えるだけで手軽にカロリーオフできるでしょう。

牛乳に比べて食物繊維が豊富なことから、血糖値の急上昇を防いだり、体内に脂肪が蓄積されるのを抑制する効果も期待できます。

牛乳と比較して生産に必要な水、土地の使用量が少なく、温室効果ガスの排出量も抑えられます。人の体だけでなく、地球環境にも優しいのがオーツミルクの特徴です。

パウダー・粉末タイプのオーツミルクの特徴

ここではパウダー・粉末タイプのオーツミルクならではの特徴を紹介します。

  • 開封後も日持ちしやすい
  • 添加物が少ないものが多い
  • 飲みたい分だけ作れる
  • いつでもできたてを飲める
  • 持ち運びしやすい
  • 味を調整できる

開封後も日持ちしやすい

パウダーや粉末タイプのオーツミルクは、液体タイプに比べて開封後も日持ちしやすい特徴があります。

液体タイプの場合、開封後はできるだけ早く消費しなければなりません。これはオーツミルクが酸化したり、細菌が繁殖したりするリスクがあるためです。液体タイプの宿命とも言えます。

パウダータイプの場合は乾燥しているので細菌が繁殖しづらく、開封後も常温で保存できます。開封後の日持ちがいいので、腐らせてしまうことも少ないでしょう。冷蔵庫のスペースを占領することもなく、保存場所に困らないメリットも得られます。

添加物が少ないものが多い

パウダー・粉末タイプのオーツミルクは、液体タイプと比べて添加物が少ないものが多いです。

液体タイプは腐敗しにくくするために保存料を添加したり、成分が分離しないために乳化剤を使ったりします。口当たりをよくする油や、味を調整するのに砂糖が添加されているオーツミルクも珍しくありません。

粉末タイプでは乾燥した状態で保存できるため、添加物がほとんど不要です。

「余計なものが入っていないオーツミルクを選びたい」という方には、粉末タイプの方がおすすめと言えるでしょう。

飲みたい分だけ作れる

パウダー・粉末タイプのオーツミルクは、飲みたい分だけ作れるのも特徴です。

紙パックに入った液体タイプの場合「ちょっと多いな」と感じることもあるでしょう。飲みきれずに捨ててしまった経験がある方は少なくないはずです。

この点、粉末タイプであれば、飲みたい分だけ袋から出して作れます。残すのが嫌な方は少なめに作っておき、足りない場合は追加で作ることも可能です。日持ちがよく廃棄ロスも最小限にできるなど、コスパがよく経済的なのも粉末タイプならではのメリットと言えます。

いつでもできたてを飲める

パウダー・粉末タイプは、いつでもできたてのオーツミルクが飲めるのも魅力です。

液体タイプの場合、冷蔵保存しておくと、中身が沈殿して見た目が悪くなることがあります。冷蔵庫の匂いが移ってしまい、味が落ちてしまうケースも少なくありません。

粉末タイプであれば常にできたてを飲めるので、味が落ちる心配は不要です。

いつでもフレッシュなオーツミルクを味わえます。

持ち運びしやすい

パウダー・粉末タイプのオーツミルクは、持ち運びしやすいのもメリットです。

水分がなく乾燥した状態なので軽く、気楽に持ち出せます。液体タイプはバックの中で漏れてしまうリスクがありますが、粉末タイプであれば心配ありません。

水滴がつくこともないので、いつでもサッと持ち出せるのが強みです

味を調整できる

パウダー・粉末タイプのオーツミルクは、味を調整できる特徴もあります。

軽めの味が好みの方は、通常の量よりも少なめの粉を溶かせばOK。濃いめが好きな方は多めに入れて調整できます。液体タイプの場合、すでに完成されているので味を調整することはできません。

市販のオーツミルクに対して「もうちょっと濃かったらいいのに…」と感じている方は、粉末タイプを選ぶとよいでしょう。

健康的なオーツミルクの選び方

ここでは、健康的なオーツミルクの選び方を3つに絞って紹介します。

  • 添加物が少ないか
  • 油や砂糖が含まれていないか
  • オーガニックかどうか

添加物が少ないか

ヘルシーなオーツミルクをお求めの方は、添加物が少ないものを選びましょう。

液体タイプのオーツミルクには、保存料、安定剤、乳化剤、香料などが添加されているものが少なくありません。添加物の中にはアレルギー体質の方に影響を与える可能性もあるとされています。

人工的な成分をなるべく体に入れたくない方は、添加物が少ないシンプルな原材料のオーツミルクを選ぶのがおすすめです。

油や砂糖が含まれていないか

添加物と合わせて、油や砂糖が含まれていないかもチェックしましょう。

前述した通り、油や砂糖が含まれているオーツミルクはカロリーが高くなりがちです。ダイエット目的でオーツミルクを取り入れたものの、カロリーを取りすぎてしまったら太る原因になってしまいます。

健康やダイエットが目的の方は、油や砂糖を使っていないオーツミルクを選びましょう。

オーガニックかどうか

原材料にこだわりたい方は、オーガニックのオーツ麦から作られたオーツミルクがおすすめです。

化学肥料や農薬を使わずに栽培されたオーツ麦であれば、自然の恵みを余すことなく味わえます。「このオーツミルクは化学物質が使われてないかな」と不安になることもありません。

パウダータイプのオーツミルクに関する注意点

一部のパウダー・粉末タイプのオーツミルクでは「国内生産と謳っておきながら、実際の原産国は中国だった」という口コミやレビューも目にしています。

加えてアレルギー反応が出やすいエビやカニ、ナッツ、牛などと同じ生産ラインで作られているケースもあるため注意が必要です。添加物自体は少なくても、製造工程に難があったり、虚偽の記載があったりなど、信頼性にかけるショップもあります。

  • 原材料が明確に表記されているか
  • 悪い口コミやレビューがないか
  • 信頼のおける企業が製造しているか

上記の点を考慮して、信頼できるショップからのみ購入するようにしましょう。

粉末タイプのオーツミルクはEarth MILKがおすすめ!

パウダー・粉末タイプのオーツミルクをお求めの方は、Earth MILKがおすすめです。

以下で、Earth MILKのオーツミルクならではの特徴を紹介します。

  • 原材料はオーツ麦と酵素のみ
  • 定期便も選べてさらにお得
  • オーガニックも選べる2タイプ

原材料はオーツ麦と酵素のみ

Earth MILKのオーツミルクの原材料は、オーツ麦と酵素のみです。

保存料や安定剤は一切使用していません。非常にシンプルな原材料なので、低カロリーで脂質も少ないです。ダイエットや妊娠中の方でも安心して飲めるでしょう。

オーツ麦の原産国はオーストラリアまたはアメリカ産で、信頼できる産地のものを使っています。オーガニックタイプは、有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用した有機JAS認証取得済みの商品です

粉末タイプのため、作りすぎる心配もなく日持ちもしやすいです。常温保存ができるので、保管スペースに困ることもありません。

定期便も選べてさらにお得

オーツミルクのある生活を継続したい方向けに、定期便サービスも提供しています。

  • 1ヶ月、2ヶ月のコースから選択可能
  • 3点以上自由に組み合わせて購入できる
  • 最低購入回数制限なし
  • 送料無料

通常価格の15%オフになるコスパのよいプランです。

オーガニックも選べる2タイプ

Earth MILKのオーツミルクは、以下の2種類から好みのものを選べるようになっています。

OAT MILK BASE

OAT MILK BASEは、自然な甘さが魅力的なオリジナルのオーツミルクです。

OAT MILK BASEシリーズの中でも1番人気の商品で、はじめて購入する方にもおすすめです。

お湯に混ぜて5分おくことで、オーツミルクの甘さをお楽しみいただけます。Earth MILKシェイカーを利用すると簡単に作れるので、朝食やおやつの置き換えにおすすめです。

OAT MILK BASE オーガニック

OAT MILK BASE オーガニックは、有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用した有機JAS認証取得済みのプレミアムタイプです。

オーガニックのオーツ麦を使用しており、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃる方もおられます。オリジナルタイプ以外も試してみたいという方は、ぜひご検討ください。

Earth MILKのオーツミルクの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • Earth MILKシェイカーのCOLDの線まで水を入れる
  • OAT MILK BASE を入れて5秒間シェイクする
  • HOTの線まで沸騰したお湯を入れ、さらに軽くシェイクする
  • 5分待てば完成

パウダー・粉末タイプのオーツミルクでできるおすすめレシピ3選

ここではEarth MILKのオーツミルクで作れるおすすめのアレンジレシピを3つ紹介します。

  • ヘルシーオートミール
  • オーツミルクシチュー
  • オーツミルクのバナナケーキ

ヘルシーオートミール

朝食に最適なヘルシーオートミールです。

【材料】(1人分)

  • オートミール・・・30g
  • オーツミルク・・・200ml
  • バナナ・・・お好きな量
  • メープルシロップ・・・小さじ1
  • シナモン・・・少々
  • 他のお好きなフルーツ

【作り方】

  1. 小鍋にオートミールとオーツミルクを入れ、火にかける
  2. 沸騰したら全体を混ぜ、弱火にして2分間煮る
  3. 火を止めて、鍋にふたをして1~2分間蒸らす
  4. フルーツをカットし、盛り付けたらメープルシロップをかけて完成

オーツミルクシチュー

体の芯から温まるオーツミルクシチューです。

【材料】(2人分)

  • オーツミルク・・・400ml
  • 玉ねぎ・・・半玉
  • 人参・・・1/4
  • じゃがいも・・・2個
  • ブロッコリー・・・1/4
  • 小麦粉・・・大さじ1
  • 野菜ブイヨン・・・5g
  • 塩胡椒・・・適量
  • きのこ(お好みで)

【作り方】

  1. 全ての野菜を食べやすい大きさに切り、ブロッコリー以外の野菜をオリーブオイルで炒める
  2. 1が軽く炒まったら、小麦粉を入れて混ぜる
  3. 2にオーツミルクを具材にかぶるぐらいまで注ぎ、野菜ブイヨンも入れる
  4. 野菜が柔らかくなるまで3を煮込む(その間に別の鍋でブロッコリーを塩茹でする)
  5. 4に別茹でしたブロッコリーを入れて、塩胡椒で味付けしたら完成
    (お好みできのこを入れても◎)

オーツミルクのバナナケーキ

スイーツ好きに最適なオーツミルクのバナナケーキです。

【材料】(18×9×6㎝のパウンド型 1台分)

  • 薄力粉・・・100g
  • ベーキングパウダー・・・5g
  • バナナ・・・2本
  • きび糖・・・50g
  • オーツミルク・・・60ml
  • オリーブオイル・・・40ml

【作り方】

  1. ボウルにバナナを入れ、粗くつぶす
  2. 1にきび糖を入れ、オーツミルクを何回かに分けながら入れ混ぜる
  3. 2に薄力粉・ベーキングパウダーをふるい入れ、ゴムベラでさくっと混ぜる
  4. 3にオリーブオイルを加えて混ぜ合わせ、パウンド型に流しいれて170℃のオーブンで30分ほど焼く
  5. 型から外して粗熱を取り切って完成

まとめ

パウダー・粉末タイプのオーツミルクは、液体タイプにはないメリットがあります。

開封後も日持ちがしやすく、いつでもできたてのオーツミルクが飲めるのは粉末タイプならではの魅力です。冷蔵保存の必要がないので保管スペースにも困りません。

液体タイプと比較して添加物を少なくできるのもポイントです。ヘルシーなオーツミルクを探している方にとっては大きなメリットになるでしょう。

ただし、粉末タイプのオーツミルクすべてがよい商品というわけではありません。

中には産地を偽ったり、アレルギー反応が出やすい食品と同じ生産ラインで加工されているオーツミルクもあります。信頼できないショップのものは味や品質に不安があるのでやめておきましょう。

安心・安全のオーツミルクをお求めの方は、Earth MILKをお試しください。

オーツ麦と酵素のみから作られた自然な味わいをお楽しみいただけます。