コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

豆乳は乳がんに効果的?【影響やリスク・イソフラボンの副作用などを解説】
その他

豆乳は乳がんに効果的?【影響やリスク・イソフラボンの副作用などを解説】

「豆乳は乳がんに効果的と聞いたけど本当かな?」
「豆乳と乳がんの関係性やリスクについて知りたい」

しばしば目にする情報として、豆乳が乳がんに対してポジティブな影響があるといったものがあります。しかし、どんな飲み物でもそうであるように、豆乳にもメリットとデメリットがあるものです。

当然ながら、豆乳を飲みすぎることで、乳がんに対してネガティブな影響が出る可能性もあるでしょう。

本記事では、豆乳と乳がんの関係についてや、飲み過ぎによるリスクなどを紹介します。

豆乳が乳がんに与える影響やリスク

はじめに豆乳が乳がんに与える影響やリスクについて見ていきましょう。

  • 豆乳が乳がんの原因になるという科学的根拠はない
  • 大豆が乳がんによい影響を与える可能性も
  • イソフラボンサプリの効果は証明されていない

豆乳が乳がんの原因になるという科学的根拠はない

まず、豆乳を飲むことが乳がんの発生率を高めるという科学的根拠はありません。

なぜ「豆乳が乳がんに悪い」と言われるのかというと、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た構造をしているからです。

乳がんになる確実な理由は解明されていませんが、女性ホルモンであるエストロゲンが過剰になると乳がんになる可能性があるといった意見があります。そのため、女性ホルモンと似た構造の大豆イソフラボンを摂ることが悪い印象を与えていると考えられます。

実際は、豆乳を適量飲むことが乳がんに対して悪影響を及ぼすといった証拠はありません。

大豆が乳がんによい影響を与える可能性も

「多目的コホート研究(JPHC研究)」の結果によると、みそ汁を1日3杯以上飲んでいる人は、飲んでいない人と比較して乳がんの発生率が40%減少していたという結果が出ました。

こちらはあくまでも実験の結果であり、すべての人に適応できるものではありません。
ただし、大豆に含まれるイソフラボンが、乳がんの予防に何かしらの効果があるのではないかと考えられます。

ただし、みそ汁を飲みすぎると塩分のとりすぎで、胃がんや高血圧のリスクが上がる可能性があります。その他の大豆食品と合わせて、バランスのよい食生活を意識することが大切と言えるでしょう。

イソフラボンサプリの効果は証明されていない

大豆イソフラボンが乳がんにポジティブな影響を与える可能性があると言われていますが、だからといってサプリから大量の大豆イソフラボンを摂取することによる健康効果は証明されていません。

また、大豆イソフラボンを過剰摂取することは、乳がんに対して悪影響が出るという研究もあります。サプリではなく大豆食品をメインに栄養バランスのよい食事を心がけることが重要です。

正確な検証結果が出ているわけではないため、大豆イソフラボンをサプリから摂取するのは避けた方がよいでしょう。

豆乳は乳がんの再発リスクを減少させるのか?

一部の研究では1日のイソフラボン摂取量が42.3㎎/日を超えたグループの乳がん再発リスクが低いことが報告されたという結果があります。

イソフラボン摂取量が42.3㎎は納豆1パック、豆乳200ml、豆腐半丁くらいで摂取できる量です。ただし、ポジティブな研究結果が出ているからといって、豆乳を飲むほど乳がんの再発リスクが下がるわけではありません。

あくまでも適量を心がけることが大切です。

豆乳や大豆イソフラボンの過剰摂取すると副作用のリスクがある

ここでは、豆乳や大豆イソフラボンの過剰摂取による副作用やリスクについて見ていきましょう。

  • 乳がんリスクが増加する可能性がある
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 消化不良になるリスクがある

乳がんリスクが増加する可能性がある

大豆イソフラボンは乳がんに対してポジティブな働きをすると考えられていますが、過剰に摂取すると逆に乳がんのリスクを高める可能性もあります。

特にサプリメントで大豆イソフラボンを過剰摂取すると、ホルモンバランスが乱れて健康に悪影響を与えるリスクもあるのです。そのため、大豆イソフラボンは食事から摂るようにして、過剰摂取しないように気をつける必要があるでしょう。

ホルモンバランスが乱れる

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、過剰摂取するとホルモンバランスが崩れる原因になりやすいです。

月経周期の延長や子宮内膜増殖症のリスクが高まるなどの試験結果もあるので、過剰に大豆イソフラボンを摂るのはやめた方がいいでしょう。

消化不良になるリスクがある

豆乳を過剰摂取すると、植物性タンパク質が消化されずに消化不良の原因になる可能性もあります。

腹部の膨満感や下痢などを引き起こすこともあるので、豆乳の飲みすぎには注意しましょう。

イソフラボンの1日の摂取目安量

豆乳の1日の摂取目安量はコップ1杯(200ml)に留めておくのがおすすめです。

厚生労働省によると、毎日豆乳を飲む場合のイソフラボンの摂取目安の上限値は70〜75mg/1日とされています。豆乳には100gあたり約25mgのイソフラボンが含まれているため、200mlのコップであれば、1杯で約50mgのイソフラボンを摂取したことになるのです。

そのため1日に2杯(400ml)の豆乳を飲むと、イソフラボンの摂りすぎになる可能性があります。

イソフラボンは豆乳だけでなく豆腐や納豆などの大豆食品にも含まれているので、摂りすぎには注意しましょう。

乳がんのリスクを高める3つの要因

ここでは、乳がんのリスクを高める3つの原因について見ていきましょう。

  • 喫煙
  • アルコール
  • 肥満

喫煙

タバコの煙には、発がん性物質やホルモンバランスに悪影響を与える化学物質が含まれています。

特に閉経前の女性において、長期間の喫煙が乳がんリスクを増加させることが研究で示されているため喫煙はやめた方がよいでしょう。さらに受動喫煙も乳がんリスクを高める可能性があり、非喫煙者であっても喫煙者と一緒にいる時間が長いとリスクが増加する可能性があるとされています。

禁煙と受動喫煙の回避は、乳がん予防において1つのポイントになります。

アルコール

アルコールは体内でエストロゲンのレベルを上昇させるため、ホルモン依存性の乳がんリスクを増加させる可能性があります。

多くの研究で、1日1杯以上のアルコールを摂取する女性は、摂取しない女性に比べて乳がんリスクが高いことが示されていることからも悪い影響があるとわかるでしょう。さらにアルコールの摂取量が多いほど、乳がんのリスクは高くなるとも言われています。乳がん予防のためには、アルコール摂取を控えるか、適度な範囲に留めるようにしましょう。

肥満

肥満は乳がんリスクを高める重要な要因と言われています。

特に閉経後の女性において、体脂肪が増えることでエストロゲンの生成が増加し、乳がんリスクが上昇する可能性があります。また、肥満はインスリン抵抗性や慢性的な炎症を引き起こし、こちらもがんのリスクを増加させる要因となされているため、注意が必要です。

健康的な体重を維持することは、乳がん予防だけでなく、全体的な健康維持にも役立ちます。

豆乳の乳がんリスクが心配な人はオーツミルクがおすすめ

「豆乳で乳がんになるのが心配」という方には、ヘルシーな植物性ミルクとして人気のオーツミルクがおすすめです。

ここでは、オーツミルクの特徴について見ていきましょう。

  • 現代人に不足しがちな食物繊維が摂れる
  • 低カロリー・低脂質でダイエットにも役立つ
  • トリプトファンでストレス対策にもなる

現代人に不足しがちな食物繊維が摂れる

オーツミルクには、現代人に不足していると言われる食物繊維が含まれています。

オーツ麦に含まれるβ-グルカンという水溶性食物繊維は、腸内環境を整えて便秘の改善や血糖値の安定に役立つ効果が期待できる栄養素です。食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、免疫機能を強化する働きも期待できます。

オーツミルクを日常的に飲むことで、体全体の健康のサポートにも役立つでしょう。

低カロリー・低脂質でダイエットにも役立つ

オーツミルクは250mlあたり105kcalで脂質は1.7mgとヘルシーです。

無調整豆乳のカロリーは108kcalで脂質は9.5mgなので、豆乳よりもヘルシーな飲み物であることがわかります。ダイエット中の方はオーツミルクにかえることで、手軽にカロリーオフができるでしょう。

トリプトファンでストレス対策にもなる

オーツミルクにはトリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、ストレス対策効果が期待できます。

トリプトファンはセロトニンの前駆体であり、セロトニンは気分の安定や睡眠の質を向上させる役割を果たすとされる成分です。ストレスの多い現代社会において、トリプトファンを含む食品を摂取することは、精神的な健康維持にとって重要と言えます。

オーツミルクを日常的に飲むことで、リラックス効果を高め、ストレスを軽減する効果が期待できるでしょう。

Earth MILKのオーツミルクはシンプルな原材料で健康的!

ヘルシーな植物性ミルクをお求めの方には、Earth MILKのオーツミルクです。

ここではEarth MILKのオーツミルクについて特徴を紹介します。

  • 日持ちがよく経済的な粉末タイプ
  • シンプルな原材料だから毎日安心して飲める
  • 2種類から好みのオーツミルクが選べる
  • 定期便で手間なくお得に注文できる

日持ちがよく経済的な粉末タイプ

Earth MILKのオーツミルクは粉末タイプです。

粉末タイプは、開封後も日持ちがよく常温で保存できるため、保管スペースに困ることがありません。いつでもできたてのオーツミルクが味わえるのも粉末タイプならではのメリットです。

オーツミルクを作る際は粉末の量を調整して、味の濃さや甘さを調整することもできます。

飲みきれずに捨てる心配もないので経済的と言えるでしょう。

シンプルな原材料だから毎日安心して飲める

Earth MILKのオーツミルクは、オーツ麦と酵素のみで作られています。

保存料・香料・乳化剤・砂糖などの添加物を使っていないので、余計なものを体に入れたくないと考えている方にもピッタリです。酵素を使うことにより、オーツ麦が持つ自然な甘さが味わえます。

シンプルな原材料ながら満足感のある飲みごたえが特徴です。

2種類から好みのオーツミルクが選べる

Earth MILKでは、好みに合わせて2種類のオーツミルクが選べるようになっています。

OAT MILK BASE

OAT MILK BASEは、自然な甘さが魅力的なオリジナルのオーツミルクです。

OAT MILK BASEシリーズの中でも1番人気の商品で、はじめて購入する方にもおすすめです。

お湯に混ぜて5分おくことで、オーツミルクの甘さをお楽しみいただけます。Earth MILKシェイカーを利用すると簡単に作ることができるので朝食やおやつの置き換えにおすすめです。

OAT MILK BASE オーガニック

有機栽培の北米産オーツ麦を100%使用したプレミアムタイプです。

オーガニックのオーツ麦を使用しており、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃる方もおられます。オリジナルタイプ以外も試してみたいという方は、ぜひご検討ください。

Earth MILKのオーツミルクの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • Earth MILKシェイカーのCOLDの線まで水を入れる
  • OAT MILK BASE を入れて5秒間シェイクする
  • HOTの線まで沸騰したお湯を入れ、さらに軽くシェイクする
  • 5分待てば完成

まとめ

豆乳は乳がんに対して科学的によい影響を与えるといった確実な結果は出ていません。

そのため、豆乳に期待しすぎて飲み過ぎることは、乳がんはもちろん体への負担を増してしまう可能性があります。特に大豆イソフラボンの摂りすぎは、健康に悪影響があるとされているので注意が必要です。

また、乳がんのリスクを高めたくない方は、喫煙とアルコールの摂取を控えて肥満にならないように気を付けるとよいでしょう。

豆乳以外の植物性ミルクを探している方は、Earth MILKのオーツミルクをお試しください。

オーツ麦と酵素のみで余計な添加物が含まれていないオーツミルクを取り入れて、ヘルシーな習慣をスタートさせてみてはいかがでしょうか。