コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: オーツミルクは下痢になる?原因や効果的な飲み方を徹底解説

オーツミルクは下痢になる?原因や効果的な飲み方を徹底解説
オーツミルクとは

オーツミルクは下痢になる?原因や効果的な飲み方を徹底解説

「オーツミルクを飲むと下痢になるって聞いたんだけど本当なのかな?」
「健康的にオーツミルクを取り入れるにはどんなことを意識したらいいんだろう?」

ヘルシー志向の人を中心に人気を集めているオーツミルク。

現代人が不足しがちと言われる食物繊維が豊富で、乳製品アレルギーや乳糖不耐症の方でも安心して飲めることから、牛乳の代わりにオーツミルクを選ぶ方も増えてきました。

しかし、ネット上では「オーツミルクを飲んだら下痢になった」と言われる口コミもあり「本当にオーツミルクを飲んでも大丈夫かな」と心配されている方も少なくないでしょう。

本記事では、オーツミルクで下痢になる理由やメリット・デメリット、副作用について解説します。

オーツミルクとは

オーツミルクとは、オーツ麦を原料に作られた植物性の飲み物です。

牛乳の代替品として選ばれることも多く、最近では「第三のミルク」とも呼ばれています。クセがなく素朴な甘味があるため、はじめての植物性ミルクとしてもおすすめです。

食物繊維を豊富に含み、牛乳よりも脂質が少なく低カロリーなことから、健康面を気にされる方にも愛飲されています。

オーツミルクで下痢になる理由

オーツミルクを飲んで下痢になってしまう理由は、水溶性食物繊維のβグルカンが関わっています。

βグルカンは体内で水と結合することで、ゲル状の物質に変化するのが特徴です。ゲル状の物質は腸内を通る過程で便を柔らかくします。

「オーツミルクは便秘改善効果が期待できる」と言われる所以です。

しかし、1度に何杯もオーツミルクを飲んでしまうと、水溶性食物繊維と水分の摂りすぎによって下痢になってしまう方もいます。

人によっては「宿便がなくなってスッキリした」となりますが、便秘気味でない方からすると、下痢やお腹を下してしまい短期的に不快感を感じることでしょう。

また、普段冷たい飲み物しか飲まなかった方が、温かいオーツミルクを生活に取り入れた結果「お腹がゆるくなった」と感じることもあるそうです。

これはオーツミルクに含まれる水溶性食物繊維と合わせて、温かい飲み物によって腸が活性化したことが関係していると思われます。

オーツミルクで下痢を防ぐには?

オーツミルクで下痢になるのを防ぐには、1度に何杯も飲まないようにすることが大切です。

まずは1日250〜500mlを目安にオーツミルクを飲んでみて、ご自身の体調を観察してみるとよいでしょう。

朝、昼、晩に1杯ずつ飲むなど、間隔をあけることも下痢になりにくい有効策になります。人によって健康状態は異なるため、ご自身に合った量を模索していくことをおすすめします。

オーツミルク3つのメリット

オーツミルクには以下のようなメリットがあります。

  • ダイエット効果が期待できる
  • 生活習慣病を予防できる
  • 環境に優しい

ダイエット効果が期待できる

オーツミルクはダイエット効果が期待できるメリットがあります。

水溶性食物繊維のβグルカンの働きにより、食べたものが胃の中に留まる時間が長くなるため、満腹感が持続しやすくなるのです。

満腹感が長続きすることで、食べ過ぎ防止効果も期待できるでしょう。

さらに低GI食品であるオーツ麦は、血糖値の急上昇を抑制する効果が期待できます。血糖値の上昇が緩やかになることで、脂肪の蓄積を促進するインシュリンの分泌を抑えてくれる働きがあるとされているのです。

また、今まで牛乳を飲んでいた方の場合、オーツミルクに代替してカロリーオフすることもできます。

無理なダイエットではなく健康的に痩せたい方に、オーツミルクはおすすめといえるでしょう。

生活習慣病を予防できる

オーツミルクは不飽和脂肪酸を含んでおり、生活習慣病の予防効果も期待できます。

不飽和脂肪酸は、人間が体内で作り出すことのできないもので、肥満予防や悪玉コレステロールの抑制効果が期待される脂肪酸です。

脂質の少ないオーツミルクですが、体にいいとされる脂肪酸がしっかり摂れるのはメリットといえるでしょう。

環境に優しい

オーツミルクは地球環境に優しいのもメリットの1つです。

牛乳と比較して地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を削減でき、土地と水の消費量も減らせるため、環境に優しいとされています。

健康面で注目されるオーツミルクですが、地球に配慮した食の選択としても注目を集めているのです。

オーツミルク2つのデメリット

オーツミルクのデメリットは以下の通りです。

  • 牛乳と比較してタンパク質が少ない
  • 添加物や保存料が含まれている製品がある

牛乳と比較してタンパク質が少ない

オーツミルクは牛乳と比較してタンパク質が少ないです。

250mlあたり

オーツミルク

牛乳

タンパク質

4.1g

8.3g

カロリー

105kcal

153kcal

脂質

1.7g

9.5g

出典:
・オーツミルク:日本食品成分データベース
・牛乳:日本食品成分データベース

飲み物からタンパク質を摂りたいと考えている方にとってはデメリットになるかもしれません。

一方で、オーツミルクは牛乳よりも低カロリーかつ脂質が少ない特徴を持っています。例えば、ダイエット中の方や健康のためにカロリー制限をしたい方には、オーツミルクの方が向いているでしょう。

また「牛乳を飲むと下痢になってしまう」という方は、オーツミルクに代替することで解消できる可能性があります。

タンパク質量は少ないものの、ヘルシー志向の方にはオーツミルクがおすすめです。

添加物や保存料が含まれている製品がある

市販のオーツミルクの中には、添加物や保存料が含まれている製品もあります。

「健康面を気にしてオーツミルクを取り入れたい」と考えている方は、原材料のシンプルな製品を選ぶようにしましょう。

オーツミルクによっては、油を含んでいてカロリーが高くなっているものもあります。

はじめてオーツミルクを購入する際は、成分表を確認して余計なものが入っていない製品を選ぶのがおすすめです。

オーツミルクに副作用はある?

オーツミルクに副作用の心配はほとんどありませんが、あえてあげるとすれば以下のような点に注意することをおすすめします。

  • 飲み過ぎによるカロリーオーバー
  • アレルギー反応が出る可能性がある

飲み過ぎによるカロリーオーバー

低カロリーかつ脂質も低いオーツミルクですが、何杯も飲み過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。

ダイエット中の方は1日に何杯も飲み過ぎてしまわないように気をつけましょう。

アレルギー反応が出る可能性がある

オーツミルクは植物性ミルクのため、乳製品アレルギーや乳糖不耐症の心配はありません。

原材料はオーツ麦なので、小麦アレルギーの方でも基本的には問題なく飲むことができます。ただし、オーツ麦は小麦と同じ工場で加工されることが多く、完全なグルテンフリーと表記できない製品が多いです。

これはたくさんのグルテンが含まれているということではありません。加工工程でごく微量のグルテンが混ざる可能性を意味しています。

小麦アレルギーの方でなければ心配する必要はありませんが、心配な方はグルテンフリーと明記されたオーツミルクを選ぶとよいでしょう。

Earth MILKのオーツミルクの特徴

健康的なオーツミルクをお求めの方は、Earth MILKをおすすめします。

ここではEarth MILKの特徴を3つ紹介します。

  • 粉末タイプの「OAT MILK BASE」
  • 保存料不使用で体に優しい
  • 2種類から好みのオーツミルクを選べる

粉末タイプの「OAT MILK BASE」

Earth MILKは粉末タイプの「OAT MILK BASE」です。

紙パックのオーツミルクは開封後、冷蔵庫で保管しなければなりませんが、Earth MILKは場所を選ばず保管できます。開封後の賞味期限も紙パック製品と比較して長持ちです。

粉末タイプなので、飲みたい分だけオーツミルクが作れるのもポイント。廃棄ロスを最小限にでき、地球環境にも優しいといえるでしょう。

いつでも作りたてのオーツミルクを飲むことができます。

保存料不使用で体に優しい

Earth MILKはオーツ麦と酵素のみで作られています。

保存料、乳化剤、香料、油などを使っていないため、ヘルシー志向の方に最適です。素材が持つ自然な味を楽しむことができるのも、Earth MILKならではといえるでしょう。

「余計なものが入っていないオーツミルクがほしい」という方は、Earth MILKをおすすめします。

2種類から好みのオーツミルクを選べる

Earth MILKは、以下の4種類から好みに応じて選べます。

OAT MILK BASE

素材の甘みを引き出したオリジナルタイプの商品です。
オーツ麦本来の素朴な甘みが楽しめます。

Earth MILKの中で最も人気のある商品で、オーツミルク初心者の方にもおすすめです。お湯に混ぜて5分おくことで完成します。朝食やおやつの代わりにぴったりなオーツミルクです。また、コーヒーや紅茶とも合わせやすいスタンダードな味わいのオーツミルクです。

OAT MILK BASE オーガニック

有機栽培の北米産オーツ麦100%使用のプレミアムタイプです。

作り方はオリジナルタイプと同じですが、使用しているオーツ麦が異なるため、お客様によっては「少しあっさりした味わい」とおっしゃられる方もおられます。

Earth MILKの作り方

Earth MILKの作り方は以下の通りです。

  • 専用シェイカーに70mlの水を入れる
  • OAT MILK BASEを24g入れる
  • 沸かしたお湯を130ml入れる
  • 軽くかき混ぜて5分待てば完成

お得な定期便コースもおすすめ

ちなみにEarth MILKでは、お好み定期便というサブスクリプションサービスも提供しています。

通常より15%OFFの価格で購入できるため、お試しで購入して気に入った場合は、Earth MILK お好み定期便に切り替えるのがおすすめです。

サブスクリプションサービスならではのメリットは以下の通りです。

  • 2週間、1ヶ月、2ヶ月のコースから選択可能
  • 3点以上自由に組み合わせて購入できる
  • 最低購入回数制限なし
  • 送料無料

お届けサイクルの変更も可能で、生活スタイルに合わせて好みのペースでお楽しみいただけます。

前述した2種類のオーツミルク以外にも、お米の自然な甘さを味わえるRICE MILK BASEや、ミルクに加えるだけでラテになるLATTE BASEなどもありますので、ぜひお試しください。

まとめ

オーツミルクを飲み過ぎると、水溶性食物繊維と水分の摂り過ぎから下痢になってしまうことがあります。

1度に何杯もオーツミルクを飲むと、お腹を下す原因になる場合がありますので、まずは1〜2杯を目安に飲むのがおすすめです。ご自身に合った適量が見つかれば、下痢の心配をすることなくオーツミルクをお楽しみいただけます。

お腹が冷えやすい方は、冷たいオーツミルクではなく50〜60℃くらいに温めて飲むとよいでしょう。Earth MILKのオーツミルクは60℃のお湯で作るので、おすすめです。

オーツ麦と酵素のみで作られたシンプルなEarth MILKなら、ヘルシー志向の方にも安心して取り入れていただけます。

オーツミルクのある生活で、心身ともに健康を目指しましょう。